読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハーレム禁止の最強剣士!」ブログ

「小説家になろう」「カクヨム」で青葉台旭の名前で小説を書いています。その新規投稿の告知をします。読んだ小説の感想や、観た映画の感想を書いています。撮った写真を載せています。

カメラを買う事に決めた。そして凄く迷った。

 

f:id:AobadaiAkira:20151119001950j:plain

(これは8000円のカメラで撮った写真です)

今まで8000円のカメラでブログに載せる写真を撮ってきた。

最初は「高性能なカメラなんていらねぇよ」と思っていた。

でも結局満足できなくなってきた。

で、新しいカメラを買う事に決めた。

しかし凄く迷った。

そこで自分が何故新しいカメラを欲しいと思ったかを整理した。

  1. ビューファインダーを覗いて撮りたい。
  2. ロウ現像をやってみたい。

1.に関して。

最初はデジタルカメラを買って写真を撮る事自体が面白かったが、撮っているうちにだんだん不満になってきた。
何が不満かというと「両手を突き出して後ろの液晶画面を見ながら撮るんだったらスマートフォンと変わらない。『カメラならでは』という満足感が少ない」
あの、ビューファインダーを覗きながら「カシャッ」とやる、いかにも「カメラで撮ってます」というカッコ良さが欲しい。

2.に関して

最初は「どうせブログに縮小画像を載せるだけなんだから、その過程で多少画質が劣化しても良いや」と思っていた。でも、だんだん欲が出てきて「JPEG記録を繰り返すことによって起きる画質の低下」を少しでも抑制したい。ロウで現像したい。と思うようになっていた。

この二点を基準にネットをいろいろ探索しながら買うべきカメラを探した。

凄く迷った。

なんで迷うかというと、予算が限られているからだ。

産油国の王子さまみたいに、新発売したフェラーリとランボルギーニを片っ端から買うような事は出来ない。少なくとも今はまだ、そんな身分ではない。

限られた予算で、出来る限り高性能な物を。

しかし、カメラの事を知れば知るほど「全てのパラメーターはトレードオフの関係にある」という事を思い知らされた。

あちらを立てればこちらが立たず、という訳だ。

世の中なんて全てそうだろ、と言われればその通りなのだが、カメラの世界は特に露骨にそうなのだ。

価格、大きさ、明るさ、撮像素子の大きさ、画素数、シャッター速度、絞り、焦点距離、単焦点とズーム。

何かを得るためには、何かを捨てなければいけない。その中で自分の趣味に合った最良の選択をしなければいけない。

迷子になった……