読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハーレム禁止の最強剣士!」ブログ

「小説家になろう」「カクヨム」で青葉台旭の名前で小説を書いています。その新規投稿の告知をします。読んだ小説の感想や、観た映画の感想を書いています。撮った写真を載せています。

インスタグラムで「ブロック塀」というハッシュタグを検索したら、わりと飽きなかった。

少し前の投稿、 

ウィンドウズのインスタグラム投稿アプリ「InstaPic」は、現状では投稿した記事の編集や削除が出来ない。

の中に貼り付けたインスタグラムの投稿写真、

 には、以下のようなキャプションを付けた。

 #小説家になろう サイトに #ハーレム禁止の最強剣士! という小説を投稿しています。 http://ncode.syosetu.com/n6714cr/ 写真はブログに貼り付けた物の再利用です。 #ブロック塀 の上の #蔦 の #葉 です。

 読んでもらえば分かると思うが、その文章の中に「#ブロック塀」というハッシュタグを埋め込んである。

それで、興味半分で「#ブロック塀」というハッシュタグを検索してみた。

結果、「思ったより飽きなかった」

インスタグラムのユーザーたちが、携帯電話でブロック塀を写した写真がズラーッと流れて来るという、ただ、それだけなのだが、それを眺めているだけでも案外飽きることが無い。

インスタグラムに対して「芸能人とファッションモデル御用達」のオシャレSNSという先入観を持っていた私にとって「ほんとうに日常の何気ない一コマを撮っただけ」の「スナップ写真の本質」みたいな写真が、いくつも投稿されていると分かったのが収穫だった。

なるほど、私の「オシャレ写真SNS」というインスタグラムに対するイメージも、一面的なレッテル貼というか、物事を一面でしか捉えてなかったのかもしれない。

ただ、そういう「お洒落写真以外の使用目的」におけるインスタグラムの使い勝手はどうなんだ、という話は、また別だ。

縦横比が自由にならないというのは、単に「スナップ写真をバシバシとってクラウド上にアップロード、そのままストック、そのまま公開」という使用目的に対して、最善な解ではないように思う。

そういう「とにかく日常的にスナップ写真を撮って、すぐアップロードしたい、公開したい」というニーズに対して、いずれ新たなサービスが出現した場合、インスタグラムを使っているユーザーの中の一定数は、そちらに流れると思う。

インスタグラムの「インスタ」は「インスタント」の意味だろう。

つまり、ポラロイドやチェキなどのインスタント・カメラ感覚をデジタルに持ち込んだという事だろう。

正方形にトリミングされたり「トイカメラ風」デジタル・フィルターも、その流れだとは思う。

そういうインスタグラムの「インスタント・カメラふう縛り」が今まではユーザーを惹き付けていた。

しかし、これからは、そういう「インスタント・カメラ」シミュレーターに固執している運営者の姿勢から、離反していくユーザーも出てくるのではないかと思う。

いずれ、そういうニーズをすくい取る新たなサービスが始まる気がする。

フィルム時代もスナップ写真愛好家は沢山いたが、彼らが皆んながインスタント・カメラを使っていた訳ではない。

その多くは、当時としては高性能だった(フィルムの)コンパクトカメラを使っていたはずだ。

それと同じ層、たとえば今なら「高級コンパクト・デジタル・カメラ」を使っている層が手軽にスナップ写真を撮ってアップロード、クラウドに保存、公開、閲覧という作業フローをストレス無く行えるSNSの登場が待たれているのではないだろうか。

*以下、宣伝。

f:id:AobadaiAkira:20151201065137p:plain

青葉台旭・作
ハーレム禁止の最強剣士!

自作の小説です。よかったら読んでみてください。