読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハーレム禁止の最強剣士!」ブログ

「小説家になろう」「カクヨム」で青葉台旭の名前で小説を書いています。その新規投稿の告知をします。読んだ小説の感想や、観た映画の感想を書いています。撮った写真を載せています。

親戚に画像ファイルを何枚か送った。どの画像共有サービスが良いかで迷った。はてなフォトライフは結構良い。

親戚に画像ファイルを送る必要があって、画像共有サービスをいくつも試してみた。

何人か居る親戚のうち、ある者はパソコンで、ある者はアイフォンで閲覧することを想定して、パソコンでもスマホでも見やすいウェブサイトを探した。

スマホ専用のアプリを用意している所も幾つかあるが、今回一回こっきりかもしれない画像ファイルの共有で、わざわざ「閲覧アプリ入れといて」とも言えない。

従って理想はPCでもスマートフォンでも見やすい、いわゆるレスポンシブルなウェブサービスがあれば良かったのだが、なかなか良い物が無かった。

それで試しに、はてなフォトライフを使ってみたが、これが結構良かった。

灯台下暗しとでもいうのだろうか。普段はPCからしかアクセスしない「はてなフォトライフ」だが、スマートフォンから閲覧してみたら、余計な物が表示されていなくて結構使いやすい。

しかも「なぞなぞ」という名の一種のパスワード認証で閲覧制限を掛けられるので、親戚限定公開、なんていうものも簡単に出来てしまう。

ただし、限定公開の場合、前もって認証の条件を作成して置かなくてはいけないという事は言っておくべきだろう。

だから例えば今日、親せきの集まりがあるとすると、前もって「朝は4本足、昼は2本足、夜は3本脚の生き物な~んだ、て言った生き物な~んだ。答え、スフィンクス」という問答を予め仕込んで置かなくてはいけない。

たとえば最初は写真なんか撮るつもりも無かったけれど、二次会が盛り上がって、急にその場の乗りで写真撮って共有……という場合はちょっと面倒くさい。

もっとも「前もって認証パスワードを決めて置く」というシステムを理解してしまえば、「親戚用なぞなぞパスワードおよびフォルダー」「友人用なぞなぞパスワードおよびフォルダー」を予め作って置けば良い。備えあれば憂いない的に。

飲み会などの写真共有は「はてなフォトライフ」で決まりだな、と思った話でした。