読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハーレム禁止の最強剣士!」ブログ

「小説家になろう」「カクヨム」で青葉台旭の名前で小説を書いています。その新規投稿の告知をします。読んだ小説の感想や、観た映画の感想を書いています。撮った写真を載せています。

映画のオープニング数十秒間で、「ああ、この映画は良い映画だ」と直感的に分かる事がある。

少々オカルトめいた話ではある。

映画が始まって最初の数十秒間で「ああ、この映画は良い映画だ」と直感的にわかる事がある。

最近だと「桐島、部活やめるってよ」が、そうだった。それと「ゴジラ対ヘドラ」も、オープニングで「これは良い映画だ」と直感したが、その直感は裏切られなかった。

何というか、オープニングの数十秒間で、既に独特の緊張感が漂っている。

それは、アクション映画に良くある「いきなりオープニングにアクションの見せ場を持ってくる」「いきなりオープニングにクライマックス・シーンを持ってくる」というのとも違う。

「桐島、部活やめるってよ」のオープニングは、ただ、女子高生が学校の廊下を歩いているだけだ。

それなのに、何とも言えない緊張感というか不穏な空気が漂っていて、観る者を映画の世界に釘付けにする。あの緊張感がいったいどこから来ているのか、未だに私には分からない。

オカルトめいた言い方になるが「何気ないシーンであっても、映画に対する作り手の情熱がフィルムから滲み出ていて、それが観客に伝わる」のだろうか。

ヘドラのオープニングも、グッと引き込まれるものがあった。

たしかに「ゴジラ対ヘドラ」のテーマソングには、ちょっと困惑する。

しかし、ヘドロのシーンから、汚水に浮かぶ不法投棄された壁掛け時計が鳴って、と思ったら、富士山をバックにキレイな花が映って、鳥のさえずりが聞こえて、「おいおい、この鳥の音声、ループしまくりで不自然過ぎるだろ。音響監督はちゃんと仕事しろ!」と思っていたら……という、あの演出は、素晴らしかった。まあ、ここまで数十秒ではなく数分が経過しているのだが。

そういえば「酔いどれ天使」のオープニングも、汚いヘドロの沼の水面から始まっていて、不穏な感じだった。

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]

ゴジラ対ヘドラ 【60周年記念版】 [Blu-ray]

ゴジラ対ヘドラ 【60周年記念版】 [Blu-ray]

酔いどれ天使[東宝DVD名作セレクション]

酔いどれ天使[東宝DVD名作セレクション]