読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハーレム禁止の最強剣士!」ブログ

「小説家になろう」「カクヨム」で青葉台旭の名前で小説を書いています。その新規投稿の告知をします。読んだ小説の感想や、観た映画の感想を書いています。撮った写真を載せています。

「怪獣王ゴジラ」の感想。

アマゾン・ビデオ配信にて視聴。

怪獣王ゴジラ(字幕版)

怪獣王ゴジラ(字幕版)

1954年の初代ゴジラを編集して、アメリカで独自に撮影したシーンを付け足してアメリカで公開された「アメリカ版ゴジラ」

ハリウッドは、未だに白人(アメリカ人)が主人公ではない映画をアメリカでメジャー公開しない。

日本が舞台の話でも、何が何でも、主人公だけは白人男性じゃないと駄目っていうのは、何とかならんのか。

で、この「アメリカ版初代ゴジラ」こと「怪獣王ゴジラ」である。

日本の初代ゴジラの出来の良さに目を付けたアメリカの配給会社が、そのフィルムを切り刻み、アメリカで撮影したシーンを付け加えて、アメリカで公開したバージョンである。

なぜ、わざわざそんな事をしたのか。そんなに日本の初代ゴジラが良かったのなら、なぜ、それを直接アメリカのスクリーンで上映しなかったのか?

答えは簡単である。

主人公が白人男性じゃないからである。

それは今でも変わっていない。

なぜ、ハリウッドは世界中の優れた映画を自国の配給網に直接乗せずに、わざわざリメイク(作り直)して配給するのか。

主人公が白人男性じゃないからである。

まあ、それはともかく、この「アメリカ人によるアメリカ人のための再編集版初代ゴジラ」とは、いかなるものか。

あらすじ

アメリカの新聞記者スティーブ・マーティンは、エジプトのカイロに飛行機で向かう途中、大学時代の友人である芹沢博士に会うため、日本に立ち寄る。 空港で突然、警察によって身柄を拘束されたマーティン記者は、海上保安庁に連れていかれ、そこで「東京湾で突然船が沈没した」という謎の事件を知らされる。

以後マーティン記者は、ゴジラの出現の一部始終を、アメリカの新聞社に報告することになる。

ネタバレ。

以下のリンクにネタバレがあります。

http://aobadai-akira-2.hatenablog.com/entry/2016/07/26/200637