「ハーレム禁止の最強剣士!」ブログ

「小説家になろう」「カクヨム」で青葉台旭の名前で小説を書いています。その新規投稿の告知をします。読んだ小説の感想や、観た映画の感想を書いています。撮った写真を載せています。

小説「黒猫使いと並行世界の魔獣ども」第3部分を投稿しました。

小説「黒猫使いと並行世界の魔獣ども」第3部分を投稿しました。

良かったら読んでみてください。

カクヨム
https://kakuyomu.jp/users/aobadai_akira/works

小説家になろう
https://mypage.syosetu.com/610765/

「リビングデッド、リビング・リビング・リビング」設定を一部変更しました。

「リビングデッド、リビング・リビング・リビング」設定を一部変更しました。

風田孝一と彼の姉(速芝隼人の母親)の年齢差に矛盾があったので設定を変更しました。

風田孝一の年齢
(旧)三十一歳→(新)三十二歳

速芝隼人の姉の年齢
(旧)高校一年生→(新)中学一年生

孝一の姉が結婚したのは、風田孝一が高校三年生(十八歳)の時で、その一年後に第一子(隼人の姉)が生まれ、さらにその一年後に隼人が生まれた、という年表になります。

「黒猫使いと並行世界の魔獣ども」を投稿しました。

小説「黒猫使いと並行世界の魔獣ども」
第2部分を投稿しました。

良かったら読んでみてください。

カクヨム
https://kakuyomu.jp/users/aobadai_akira/works

小説家になろう
https://mypage.syosetu.com/610765/

「黒猫使いと並行世界の魔獣ども」を投稿しました。

小説「黒猫使いと並行世界の魔獣ども」
第1部分を投稿しました。

良かったら読んでみてください。

カクヨム
https://kakuyomu.jp/users/aobadai_akira/works

小説家になろう
https://mypage.syosetu.com/610765/

コンビニ各社は、レジでスピードくじを引かせるサービスを止めるべきだ。

最近、コンビニ大手各社は、レジでスピードくじを引かせるサービスをやっているが、あれはコンビニという業態が本来すべきサービスを低下させ、従業員の作業を煩雑にさせているだけなので、今すぐ止めるべきだ。

コンビニで一定金額以上買うと、レジ係がくじ引きの箱を台の上にドンッと置いて「1枚引いてください」とか言われて、当たりだと「アイスクリーム1個当たりました、今すぐ引き換えますか?」って聞かれて、俺が「はい」って答えると、レジ係がアイス売り場まで飛んで行ってアイスを持って来てレジ袋に入れてくれる……

ここまでの一連の流れで、レジ係としての作業が滞(とどこお)って、余計な時間が掛かって、後ろに並んでいる客が若干イライラしだす。

で、俺はアイス1本当たったことよりも、後ろの客を余計に待たせて、レジ係のバイト兄ちゃんを走らせたことに対しての申し訳ない感の方が先に湧き上がってきて、結果としてそれほど嬉しい気がしない。

外れたら外れたで「外れ券は◯◯イベントの応募券になってます」とか言われて「あ、いりません。そちらで処分してください」と俺が答える……当たった時ほどじゃないけど、やっぱりレジの流れが滞る。

コンビニ各社(の本部企画部)は、自分たちが磨くべき本来のサービスは何かを再考すべきだ。

自分たちの仕事が担っている社会的役割をもう一度見つめ直すべきだ。

それはレジでスピードくじを引かせて当たったらアイス1本サービスする事ではないはずだ。

もう一度書く。
レジでスピードくじを引かせるというサービスは、コンビニエンス・ストアが「本来すべきサービス」を低下させている。
今すぐ止めるべきだ。